NEWS

ゴール直前で倒れた女性マラソンランナー、這って進んで3位に

2015年02月19日 15時01分 JST | 更新 2015年02月19日 16時38分 JST
KeyeTV

テキサス州オースティンで2月15日に開催された「オースティン・マラソン」で、勝利に向けて快調に走っていた29歳のケニアのマラソンランナーHyvon Ngetich選手は、ゴールまであと約300メートルになったところで突然体が動かなくなり、その場に崩れ落ちてしまった

走るどころか歩くこともできないNgetich選手のもとに医療スタッフが車椅子を運んできたが、Ngetich選手は車椅子を拒んで這いながら進み始めた。彼女はゴールまであと2メートルのところで追い抜かれてしまったが、3位でレースを終えた。

オースティン・マラソンの最高責任者、ジョン・コンリー氏は、Ngetich選手を「地球上でもっともタフな人間」と称賛し、賞金を2位の選手と同じ金額に増額。「あなたは、これまでに見たどんな人よりも勇敢にレースを走り、勇敢に這って進んだ。あなたの栄誉をおおいに称えます」とNgetich選手に語りかけた

コンリー氏によれば、医療テントで診察を受けたNgetich選手は、血糖値が危険なほど低くなっていたという。レース後「BBCワールドサービス」ラジオに対して、Ngetich選手はゴールしたときの記憶がないと話した。

「何が起きたのか思い出せません。フィニッシュラインは見えていませんでした。這っていたことも含めて、何も覚えていません。倒れたことさえ覚えていないくらいです」とNgetich選手は語っている。

Ngetich選手のフィニッシュは感動的だが、しかしクリーブランド・クリニックのスポーツ医療専門医でクリーブランド・マラソンの医療責任者も務めるローラ・ゴールドバーグ医師は、ABCの取材に対して絶対にNgetich選手の真似をしてはいけないとコメントしている

「スポーツエリートではない一般人の場合、這ってまでゴールする必要は全くありません。今回の話を聞いて、一般の人たちが影響されないかと心配です」

今回のつらい体験にもかかわらず、Ngetich選手は、来年もオースティンに戻ってくるつもりだとメディアに語った。「走ることはいつだって前へ進み続けることです」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:梅田智世、合原弘子/ガリレオ]

チア・ステッカー「応援メッセージ」

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています