NEWS

"ウェアラブルトマト"ついに完成、カゴメが東京マラソンに挑む(動画)

2015年02月20日 00時17分 JST | 更新 2015年02月20日 00時17分 JST

食品大手のカゴメ(名古屋市)が2月19日、アートユニットの明和電機とタッグを組み、“ウェアラブルトマト”を開発した。22日の東京マラソンでは、社員が小型版の装置をつけてフルマラソンに挑む。 

「トマトに足りないのはモバイル性だった」

以下の動画では、カゴメ社員の農学博士・鈴木重徳さんが、その事実に気づいたことから“ウェアラブルトマト”の開発に挑んだ様子が紹介されている。

朝日新聞によれば、実際にランナーに普及するとは考えにくく、販売の予定もない。広報は「クスッと笑える動画で、もっとトマトが話題になってくれれば」とコメントしたという。

開発中の動画はこちら

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています