NEWS
2015年03月04日 21時11分 JST | 更新 2015年03月04日 22時09分 JST

駐韓アメリカ大使、ソウルで暴漢に襲われる【韓国】

Reuters

リッパート駐韓米国大使(42)が5日朝、ソウル中心部で開かれたイベントに出席した際、男に顔を切り付けられ負傷した。警察や目撃者が明らかにした。目撃者や報道によると、大使の顔からは血が流れていたが、自力で歩くことはでき、その後病院に運ばれたという。

米ホワイトハウス当局者は、大使の容体について、命にかかわるような状況ではないと語った。オバマ大統領は事件を受け、大使に見舞いの電話を掛けた。

警察は、男の身元についてKim Ki-jong容疑者(55)と発表。事件発生当時、男は韓国の伝統衣装を着て、韓国と北朝鮮は統一すべきだと叫んだ。また、戦争訓練反対とも叫んでおり、これは今週始まった米韓合同軍事演習を意味しているとみられる。

目撃者の1人は「大使は座席にいながら抵抗した。血痕が残っており、顔の右側に7インチ(約18センチ)の切り傷があった」と証言。取り押さえられた男の様子については、「反米、反帝国主義的のように聞こえる」言葉を叫んでいたと話した。

[ソウル 5日 ロイター]