Huffpost Japan

スマートレターとは? メール便廃止後の日本郵政のサービスに批判の声も

投稿日: 更新:
印刷
時事通信社
時事通信社

日本郵便は3月6日、新サービス「スマートレター」を発表した。180円(税込み)でA5サイズの専用封筒を郵便局やセブン-イレブンなどで買い、切手を貼らずにポストに投函すれば、1kg以内の荷物を全国どこへでも配達するというもの。ヤマト運輸の「クロネコメール便」と違って、信書の送付も可能だという。

しかし、この発表に対してネットからは批判の声が出ている。

クロネコメール便」もスマートレターと同様に専用封筒が用意されており、A4サイズで厚さ1cmまでなら82円、2cmまでなら164円で全国一律料金で利用できる。配送状況の確認もできるため、年間20億冊以上の取り扱いがあった

しかし、ヤマト運輸はクロネコメール便を3月末で廃止すると決めた。顧客が誤って、信書を送付する可能性があるためだ。

信書は総務大臣の許可を受けた信書便事業者に限って、配達が認められている。従来は国が独占的に行っていたが、2003年に法律が改正され、国の郵政事業が民営化された日本郵便に加えて民間事業者も参入できるようになった

しかし、参入には全国の各市町村に約10万本のポストを設置しなくてはならないなどの厳しい条件があり、2014年11月現在、この事業を提供できる事業者は存在しない。従来通り日本郵便には信書を送達する資格があるが、ヤマト運輸には認められていないのだ。

メール便の廃止に伴い、ヤマト運輸は「クロネコDM便」などの新サービスを開始すると発表。しかし、事業者向けのコストはほぼ変わらないものの、個人向けは割高となる。郵便受けではなく対面で届ける「宅急便」となるためだ。個人ユーザーからは、「今後どうしよう」といった不安の声も上がっていた。

今回のスマートレターの発表を受け、ネットには「メール便の代わりのサービスができた」と喜びの声が寄せられた。一方で、「独占ではないか」など、日本郵便を批判するコメントも見られた。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

日本郵便株式会社

日本郵便 - Wikipedia

セブン、日本郵便の新サービス販売へ メール便廃止で

クロネコメール便(個人のお客様) | ヤマト運輸

ヤマト運輸社長が語る、「クロネコメール便」廃止の真相と「宅急便」新サービスの中身

ヤマト、メール便廃止で規制との闘いに決着

お客さまが容疑者になるかもしれない……ヤマトVS. 総務省の“30年戦争”

ヤマト運輸、「クロネコメール便」に代わる「クロネコDM便」内容を決定

ヤマト山内社長、メール便廃止で関係者に手紙

「スマートレター」の販売・提供開始 ~手軽で使いやすい封筒型郵便新 ...

「スマートレター」の販売・提供開始 - 日本郵便

ヤマト運輸に対抗?日本郵便「スマートレター」開始

日本郵便、A5サイズ・180円の新しい封筒型郵便サービス「スマートレター ...

「日本郵政、「スマートレター」来月3日から開始」 News i - TBSの動画 ...