NEWS
2015年03月09日 16時08分 JST | 更新 2015年03月09日 20時50分 JST

「二歩」で痛恨の反則負け 橋本八段「相当にテンパってました」

将棋NHK杯の決勝進出をかけたプロ棋士の真剣勝負で、滅多にない珍事が発生した。3月8日にNHKで放送された行方(なめかた)尚史八段と橋本崇載(たかのり)八段による準決勝第2局。中盤から終盤に差し掛かる、白熱した展開の中、後手の橋本八段が、反則となる「二歩」を打って突如、幕切れとなった。

二歩は同じ縦のライン(筋)のマスに、2枚目の歩を打ってはならないというルールで、打った時点で即、反則負けとなる。将棋の初歩的なルールでプロ同士の対戦では珍しい。

橋本八段は、200人を超える棋士のなかで10人しか所属できない、名人への挑戦権を決める最上位のリーグ「A級」に所属した経験も持つトッププロの一人。NHK杯準決勝ではやや劣勢のなか、持ち時間を使い切り、時間切れ寸前で放った手が「二歩」で、反則負けとなってしまった。

橋本八段が二歩となる歩を打った瞬間、思わず解説者も「あっ」と声を挙げ、反則に気づいた両者ともに頭を抱えた。橋本八段は「失礼しました」と反則について謝罪している。

NHK杯は録画放送で、実際の対局は7日以前に行われている。橋本八段のTwitterでは、ハプニングを示唆する投稿がされていた。

放送後は、「準決勝で二歩打つアホがいるんですねぇ」と自虐的なコメントも。

反則負け直後の心境も綴っている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています