Huffpost Japan

男女平等度を示す「ガラスの天井」指数、日本は......

投稿日: 更新:
JAPAN WORK WOMAN SAD
RUNSTUDIO via Getty Images
印刷

職場での男女平等度を示す「ガラスの天井」指数で、日本はOECD加盟国で算出可能な28カ国中27位となった。3月8日の国際女性デーに合わせて、イギリス・エコノミスト紙が発表した

同紙は冒頭で、日本の経団連が2月、初めて女性役員を登用したことや、トヨタが今週、初めて外国女性が副社長に就任したことを紹介した。指数は、教育、労働参加率、給与、育児費、出産する権利などの評価をもとに算出された。

上位は北欧勢が占め、1位はフィンランド、2位はノルウェー、3位はスウェーデンがランクインした。日本は、最下位の韓国に続いて2番目に低く、28カ国中27位だった。

今年から統計に加わったトルコは26位。エルドアン大統領が2014年11月、演説で「女性と男性を平等にはできない。自然の法則に反しているからだ」などと発言し、非難の声が上がっていた

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

朝日新聞デジタル:男女平等に関するトピックス

男女平等「完全に実現した国は一つもない」 国連委が「行動」誓い宣言