ライフスタイル

ティム・クック、朝4時半に起きて「今日はいつもより長く寝た」

2015年03月11日 20時34分 JST | 更新 2015年03月18日 20時24分 JST
AP

アップルのティム・クックCEOにとって「ゆっくり寝る」とは、早朝の4時半に起きることだ。この時間だと、いつもより45分長く寝たことになる。

クック氏は毎日3時45分に起き、1時間ほどメールの処理をしてからジムへ行き、その後スターバックスでまたメールを処理して、それから通常の仕事を始めるという。

クックCEOの3月9日の朝のツイートをみると、彼の睡眠習慣が改めて分かる。

今日のイベントのためにいつもよりゆっくり休んで、4時半まで寝た。



クックCEOが書いている「今日のイベント」とは、3月9日にアップルが開催したイベントのことで、新しいスマートウォッチ、Apple Watchの詳細が発表された。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:ガリレオ]

Apple Watch

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています