NEWS
2015年03月14日 00時17分 JST | 更新 2015年03月15日 21時00分 JST

北陸新幹線が開業 一番列車「かがやき500号」が金沢を出発

hokuriku

北陸新幹線の長野〜金沢間(約228km)が3月14日、開業した。東京〜金沢間は、最速の「かがやき」で2時間28分、東京〜富山間は同2時間8分で結ばれる。

北陸新幹線開業(2015年3月14日)

運転席から見た、長野〜金沢間の行程を等倍速で撮影した動画(JR東日本・西日本提供)


金沢駅では出発式があり、午前6時1分に一番列車「かがやき500号」の出発を見送った。朝日新聞デジタルによると、JR西日本の真鍋精志社長は「北陸と首都圏、中京圏、関西圏がそれぞれ2時間半のネットワークになる。各地との交流が広がることを期待したい」と述べた

enshin

北陸新幹線は、1973年に政府が整備計画を決定した整備新幹線5路線の1つ。長野オリンピックを控えた1997年に東京〜長野間が先行開業した。金沢〜福井間は2020年度に前倒しで延伸開業する案が検討されている。敦賀までは2022年度に延伸される予定。金沢〜敦賀間の総工費は約1兆6000億円。当初の開業予定を前倒ししたため、さらに増えることが見込まれる。計画は大阪までだが、敦賀〜大阪間のルートはまだ決まっていない。

【関連記事】

■北陸新幹線 車窓ダイジェスト(2015年2月5日撮影)


■北陸新幹線 富山〜金沢間をタイムラプスで(2015年2月5日撮影)


■北陸新幹線 開業前の金沢駅をタイムラプスで(2015年2月5日撮影)


ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

北陸新幹線新型車両「E7系」画像集