NEWS
2015年03月17日 15時08分 JST | 更新 2015年03月17日 15時32分 JST

金子國義さん死去 渋沢龍彦さんの挿絵など手がける

角川文庫

渋澤龍彦さんの小説の挿し絵などで知られる画家の金子國義(かねこ・くによし)さんが3月17日、東京都品川区の自宅で死去した。78歳だった。死因は虚血性心不全だったと、47NEWSが報じた。

17日未明、東京都品川区の自宅で亡くなっているのを家族が見つけた。埼玉県出身で、1967年に渋澤さんの勧めで開いた個展で画壇にデビューした。雑誌「ユリイカ」「婦人公論」の表紙や新潮文庫の「不思議の国のアリス」の挿絵を担当。独特な描写の人物像など退廃的な画風で知られた。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

2015年に亡くなった著名人