NEWS
2015年03月17日 17時49分 JST

リー・クアンユー元首相、感染症で容体悪化 シンガポール政府が声明

Reuters

[シンガポール 17日 ロイター] - シンガポール政府は17日、肺炎のため、2月5日から入院しているリー・クアンユー元首相の容体が悪化し、医師団が状況を注視していると明らかにした。

首相府は声明で「リー・クアンユー氏の容体は感染症のために悪化した。抗生物質を服用しており、医師団が注意深く見守っている」と表明した。

リー・クアンユー氏は、シンガポール建国の父とされる。すでに政治の表舞台から引退しているものの、現政権に影響力を持つとされる。