NEWS
2015年03月18日 22時07分 JST | 更新 2015年03月18日 22時11分 JST

戦争や紛争での死者、2014年は28%の増加 シリアが最も深刻

時事通信社

戦争や紛争での世界の死者数は昨年28%増、シリアの犠牲深刻

米シンクタンク、PS21の調査によると、2014年に世界で最も熾烈だった戦争や紛争20件による死者の数が、前年から28%以上増加した。2年連続で、シリアでの犠牲が最も深刻となった。1000人以上の死者が出た戦争や紛争は14件で、前年の10件を上回った。

調査は、米軍、国連、シリアとイラクの団体などのデータを分析。その結果、昨年シリアで死亡した人は7万6000人超となり、前年の7万3447人から増加した。

最も激しい戦争や紛争の多くはイスラム過激派グループが関与。過激派組織「イスラム国」と政府が戦っているイラクでは2万1000人前後が死亡した。他の国では、アフガニスタンの1万4638人、ナイジェリアの1万1529人などとなっている。ウクライナ東部は、8番目に死者が多かった。

PS21は、データは実情を大きく下回っている可能性があるとしている。

関連記事

シリアでの戦争(2015年2月)