NEWS

イエメン、自爆テロで少なくとも137人死亡 背後にイスラム国か

2015年03月20日 21時20分 JST | 更新 2015年03月20日 21時24分 JST
Jeremy Woodhouse via Getty Images
Street Scene at Metna Market

[サヌア/アデン(イエメン) 20日 ロイター] - イエメンの首都サヌアで20日、2カ所のイスラム教礼拝施設(モスク)で自爆攻撃事件があり、これまでに少なくとも137人の死亡が確認された。背後には過激派組織「イスラム国」がいるとの見方も出ているが、米ホワイトハウスはイスラム国との関連は確認できていないとしている。

攻撃を受けたのはイスラム教シーア派の武装組織「フーシ派」の支持者も利用するモスク。自爆攻撃の実行犯は4人で、金曜日の礼拝のために多くの人が訪れていたモスク内部とその周辺が狙われた。

国営メディアによると、負傷者の数は357人に上っている。

関連記事

情勢不安が続くイエメン