NEWS

テイラー・スウィフト、ポルノに関係したドメインを自分のものにする

2015年03月25日 01時59分 JST
Greg Allen/Invision/AP
Taylor Swift performs on ABC's "Good Morning America" in Times Square on Thursday, Oct. 30, 2014, in New York. (Photo by Greg Allen/Invision/AP)

インターネット上には、.comや.netがついたドメインがたくさんあるが、6月1日からは、.sucks、.adult、.pornを含めた547の拡張子がついたドメインを誰でも購入できるようになる。

しかし、誰もが自分の名前やブランドをポルノ関連の拡張子にくっつけたいと思ってはいないだろう。もちろんテイラー・スウィフトもそう思ってはいないようだ。

.comや.netといったジェネリックトップレベルドメインを管理しているNPOのアイキャン(ICANN)は、6月に一般の人々が購入できるようになる前に、著名人や企業が好きなドメインを購入できるようにしている。

取材したCNNによると、.pornと.adultのドメインを管理する「ICMレジストリ」のスチュアート・ローリーCEOは、テイラー・スウィフトのチームがすでにTaylorSwift.pornとTaylorSwift.adultを購入したと述べた。賢い選択だといえるだろう。ハフポストUS版もテイラー・スウィフトの担当者に、ドメインを購入したかどうかを確認中だ。

またローリー氏は、マイクロソフト社もOffice.pornとOffice.adultを購入済みだとも述べている。

しかし、広告メディア関連の雑誌「AdWeek」によると、.sucksドメインは、「ウォークス・ポプリー・レジストリ」という別の会社が管理するという。それらのドメイン のうちのいくつかは、購入するのには2500ドル(約30万円)かかる。お気に入りの有名人やスポーツチームの名前が.sucksドメインのウェブサイトで使われ、インターネット上で炎上する可能性もあるだろう。

テイラーがShake It Offで歌っているように「嫌いな人は嫌って嫌って嫌いまくる」ものだ。だからテイラー・スウィフトが.sucksも購入できるように願おう。でもテイラーはこうも歌っている。

「Shake it off(そんなの気にしない)!」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

gengo logo

Taylor Swift

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています