NEWS

【速報】大塚家具、久美子社長の続投を可決 株主総会で決着

2015年03月28日 01時33分 JST | 更新 2015年03月28日 01時33分 JST

経営権を巡って父と娘が対立している大塚家具の株主総会が3月27日、東京都内であり、長女の大塚久美子社長(47)が続投する会社提案の議案が可決され、父の大塚勝久会長(71)が株主提案した久美子社長の退任を求める議案は否決された。勝久会長は取締役を退く。朝日新聞デジタルなどが報じた。

親子が互いの退任を求めた異例の委任状争奪戦は決着したが、両者の対立はなお続きそうだ。

株主総会では、久美子氏ら10人を取締役とする会社提案が、出席株主の議決権の6割の賛成を得て、可決された。勝久氏ら10人を取締役とする株主提案は過半数の賛成を得られず、否決された。久美子氏は、総会後の取締役会で社長続投が正式に決まり、同日午後に記者会見を開く。

大塚家具、久美子氏が社長続投へ 株主総会で争奪戦決着:朝日新聞デジタル 2015/03/27 13:20)

これまで、勝久会長と久美子社長が互いの退任を求めて役員人事案を出し、親子双方が自らの提案に株主の賛同を求める異例の委任状争奪戦(プロキシファイト)となっていた。

株主総会で議長を務めた久美子社長は「このような混乱状態が生じ、お客さまにもご迷惑を掛け、本当に申し訳ない」「今の消費者にあったビジネスの変革が必要だ。企業価値を向上させるには体制の刷新が必要だ」などと述べた。一方、株主席に座った勝久会長は「クーデターで社長の座を奪われた」と発言し、株主に理解を求めた

この大塚家具の「お家騒動」、根底には勝久会長と久美子社長との経営路線の違いがあり、双方のトップ交代劇はこれまで3度も繰り返されてきた。勝久会長は会員制を導入して接客を重視してきたが、一方の久美子社長は路線の転換を図り、カジュアルで気軽に入れる店作りを進めてきた。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

相場格言集