ライフスタイル
2015年03月27日 19時22分 JST

猫のアルバート、いつも怒っているような顔でハートをわしづかみ

ソルトレークシティに住んでいる猫のアルバートはいつも怒ったような顔をしている。ところがその顔で人気に火がつき、今ではインターネットのスターだ。まったく笑い顔を見せないアルバートはキャットショーに出るような猫にはなれなかったが、「最後に笑う者」になったようだ。

尊大なアルバート」と名付けられたアルバートのInstagramアカウントには、24000人以上のフォロワーがいる。性格の悪そうな顔をした猫にしては、すばらしいフォロワーの数と言えるだろう。

アルバートという名前は物理学者のアルバート・アインシュタインから取られたそうだ。たしかに、灰色のクレイジーな毛がどことなく似ているような...

Long hair, and I for real don't care. #tbt #pompousalbert @sagebrushfineart @alberttailsfromtheoffice

A photo posted by Albert (@pompous.albert) on



「僕は機嫌が悪いわけでも怒っているわけでもない。ただ単に、君より頭がよくてハンサムなだけだ」



「上司から、週末も残って働けと言われたらこんな顔になるだろうね」



They call it #permascowl

A photo posted by Albert (@pompous.albert) on



The term"handsome devil" began with me. @sagebrushfineart @alberttailsfromtheoffice

A photo posted by Albert (@pompous.albert) on

「ハンサムな悪魔」という言葉は僕のためにあると思うよ。



「猫小屋の下に敷いてある毛皮。これがどうも信頼できない」



「この猫小屋から僕が何を見て何を聞いているか、君たちには想像もできないだろう」



この記事はハフポストUK版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:ガリレオ]

人生を楽しんでいる25匹の猫

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています