ニュース

桐生祥秀、100mで追い風参考の9秒台 為末大「可能性ある」【動画】

2015年03月28日 22時04分 JST | 更新 2015年03月28日 22時10分 JST

陸上のテキサス・リレーは3月28日、アメリカ・テキサス州オースティンで行われ、男子100メートルで19歳の桐生祥秀(よしひで、東洋大)が3.3メートルの追い風参考ながら9秒87で優勝した。山県亮太(慶大)は同じく参考記録10秒15で8位だった。スポニチなどが報じた。

桐生は、力強く大きなストライドとスタートから中盤にかけての爆発的な加速力が持ち味で、2013年4月に日本歴代2位の10秒01を記録していた

2.0メートルを超える追い風の場合、記録は公認されない。1995年に伊藤喜剛が追い風9.3メートルで、手動計時で9.8秒を記録。1998年、10秒00の日本記録を樹立した伊東浩司は、手動計時で99年に追い風1.6メートルで9秒9をマークしている

この結果を受けて、元陸上男子400メートル障害の為末大さんは、追い風参考のラインである2mを切る風の場合、「9秒台は出てる可能性はある」などとコメントした。

桐生は3月7日に、9秒台について「一番最初に出したい」などと熱い思いを語っていた。

「(9秒台は)出せるんだったら、さっさと出さないと。一番最初に出したい。1番になりたいんで。名前が残るのは9秒台を最初に出した人なんで」

9秒台について珍しく雄弁だったワンダーボーイは、「世界大会でも9秒台じゃないと決勝に残れない。闘うんだったら、1回だけじゃなくて何回も出さないといけない」と続けた。

桐生 9秒台への思い“日本で一番最初に”グアム合宿出発 ― スポニチ Sponichi Annex 陸上より 2015/03/07)

桐生祥秀選手、画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています