NEWS

ようこそ、マイク・タイソンの廃墟へ ここはかつての大豪邸(画像)

2015年04月03日 00時48分 JST | 更新 2015年04月03日 14時12分 JST

マイク・タイソンはかつて、堂々とここに住んでいた。

80年代末から90年代初めにかけて、ボクシング元ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンはオハイオ州サウシントンにあったこの壮大な(派手すぎると言ってもいい)大邸宅に住んでいた。

「カーターズ・フォト・エージェンシー」によると、約24万平方メートルのサウシントンにあるおよそ700坪の敷地には、寝室が5つ、居間が複数、キッチンやトイレが7つ、ガレージが3つ、プールとジャグジー、トラの檻、バスケットボールのコートなどがある。

この家で最もインパクトがあるのはジャグジールームだ。そこにはすべての壁、そして天井から床まですべて大理石で覆われ、浴槽の天井は全面鏡張りだ。

しかし20年以上前に親族が放棄し、この家は廃墟となり、建物には落書きで覆われてしまった。

子供を食べたい」などと発言していたマイク・タイソンのかつての住居は現在、子供たちや他の見物人たちの遊び場となっている。

現在のオーナーであるニック・デハーシモ氏はこの住居を教会にしたいと望んでいる。

「これは本当に神の賜物です」とデハーシモ氏は写真家のジョニー・ジョー氏に述べた。「私たちはこの場所全体を完全に教会の敷地に作り直したいと思っています」

  • Caters News
    旧マイク・タイソン邸の入り口。門には彼の名前が書かれている。\n\n
  • Caters News
    プールの部屋。
  • Caters News
    大理石と黄金に包まれたバスルーム付き寝室。\n
  • Caters News
    鏡張りの天井があるジャグジー。
  • Caters News
    巨大な階段を下りた先に暖炉がある。\n\n
  • Caters News
    巨大な娯楽室。テレビやサウンドシステムのキャビネットもある。\n

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Also on HuffPost:

ナチスの隠れ家? アルゼンチンのジャングルで発見された廃墟には何が残されていたのか

argentina nazi

廃墟になったショッピングモールで、コイが悠々と泳いでいる【画像】

「廃墟になった美しい建造物」

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています