Huffpost Japan

石原さとみ主演 「進撃の巨人」を実写ドラマ化

投稿日: 更新:
印刷

oricon style

『進撃の巨人』実写ドラマ化が決定 石原さとみが主演

『別冊少年マガジン』(講談社)に連載中の諫山創氏の人気漫画『進撃の巨人』。今夏に実写映画(前後篇2部作)の公開を控えるなか、映画版と連動した内容で「実写ドラマ」を製作することが2日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われた記者会見で発表された。

“巨人が人を食らう”というセンセーショナルな設定と、不気味でインパクトのある巨人のビジュアル、先の読めないストーリーで人気を博している同作。ドラマ版は、映画で描ききれなかったエピソードを中心に登場人物たちにスポットライトを当て、兵士たちの日常や秘密を描く。

主演は、映画版でハンジ役を務める女優の石原さとみ。そのほか、サシャ役の桜庭ななみ、フクシ役の渡部秀、リル役の武田梨奈、ヒアナ役の水崎綾女など、映画版のキャストが名を連ね、ドラマ版の新キャラクターとして俳優の平岡祐太が出演する。製作陣も樋口真嗣監督ら映画版と同様の布陣で臨む。

「公の場で『進撃の巨人』を話すのは初めて」と少し緊張しながら切り出した石原は、ドラマ版で「本編よりもハンジというキャラクターの内面や過去を描いているので難しく感じた」といい、「本編では映してない笑い方や話し方をアニメでハンジ役の声優をやられている朴?美(ぱく・ろみ)さんに電話をしたりして、直接アドバイスをいただきました」と苦労を語った。

ドラマ版から参加した平岡は「現場に入ってびっくりしたのは、セットが本当にすごくて、映画の世界観そのまま」と豪華ぶりをアピール。石原も「とてもワクワクするような内容になっておりますので、本編とともに3作品を観ていただければと思います!」と呼びかけていた。

ドラマ版は、『dビデオ』から今月22日よりリニューアルする定額制映像配信サービス『dTV』で8月配信予定。映画版は、8・9月に、前後篇が連続公開される。

【関連記事】

Also on HuffPost:

Close
石原さとみ【画像集】
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

速報:「進撃の巨人」が実写ドラマ化。dTVが独占配信。実写版映画と連動し8月公開

日本版『ゴジラ』総監督に庵野秀明!『進撃の巨人』樋口真嗣とタッグ!

dビデオが「dTV」にリニューアル--映画連動「進撃の巨人」を8月独占配信

『進撃の巨人』実写ドラマ化が決定

動画配信:「dビデオ」が「dTV」に オリジナルドラマ「進撃の巨人」など