ニュース

ウクライナ、NATO加盟を視野に入れていることを公表

2015年04月09日 21時22分 JST | 更新 2015年04月09日 21時22分 JST
Reuters

[キエフ 9日 ロイター] - ウクライナ政府は9日に公表した5カ年安全保障要綱で、 ロシアの行動を「侵略」行為として非難すると同時に、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を視野に入れていることを明らかにした。

トゥルチノフ国家安全保障会議書記は、ウクライナはロシアの「侵略」を長期的に継続する要素と見なしているとし、ウクライナが自国の主権と領土の保全を確実にするためには、「NATO加盟が唯一の信頼の置ける外的な保証」となるとの考えを示した。

同書記は、5カ年要綱はロシアによる軍事侵攻に基づいて作成されたとし、ウクライナは今後、西側諸国と軍事力、および諜報活動を調整していく意向であることを明らかにした。

関連記事

  • 激戦地となった住んでいる街を離れるため、バスに乗る子供
    ASSOCIATED PRESS
  • ロケット弾の被害を受けたドネツクの道
    ASSOCIATED PRESS
  • 破壊された建物
    ASSOCIATED PRESS
  • 砲撃による犠牲者を悼む人々
    VOLODYMYR SHUVAYEV via Getty Images
  • 砲撃で破壊されたドネツク郊外の街
    DOMINIQUE FAGET via Getty Images
  • 砲撃の被害に遭ったドネツク郊外の街
    SERGEY BOBOK via Getty Images
  • バス停に砲弾が直撃した
    ASSOCIATED PRESS
  • 砲撃で割れたガラスを掃除する女性
    ASSOCIATED PRESS
  • 人道支援の物資配給に並ぶ人たち
    ASSOCIATED PRESS