ニュース

埼玉の高校生22人、韓国で集団万引き ジャージでバレる【動画】

2015年04月10日 20時37分 JST | 更新 2015年04月10日 20時37分 JST

韓国の警察当局は4月10日、ソウルで万引きをした疑いで、埼玉県内の私立高校3年生22人を書類送検すると発表した。生徒らは犯行を認めたという。聯合ニュースなどが報じた。

記事によると、生徒らは3月27日午前10時30頃、ソウル中心部の東大門(トンデムン)のショッピングモールで9店舗を回り、ベルトや財布、キーホルダーなどあわせて約70点、252万ウォン(約27万7000円)相当を盗んだ疑い。生徒らは試合後の自由時間を利用してお土産を買いに行った際、従業員が出勤していない店舗で犯行に及んだとみられる。このショッピングモールでは営業していない時間も、特別なセキュリティシステムがない状態で、物品を陳列していたという。

店舗からの被害届を受けた警察は、監視カメラの映像などからジャージ姿で犯行に及ぶ生徒らを確認。生徒らは既に出国していたが、学校関係者に通知して22人全員に再入国を要請して調査を行った。盗んだ品物もすべて押収したという。警察は、「今後も内・外国人を問わず、国内で行われるすべての犯行について、現行法に基づいて厳正に処理する」と明らかにした。

NHKニュースによると、検挙された高校生ら通う高校の副校長は、生徒指導の一環として生徒らを自宅謹慎にしていることを明かした上で、「今後、このようなことがないよう生徒を指導していきたい。世間を騒がせてしまい申し訳ありません」と述べたという。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています