ライフスタイル

このタイムラプス映像を見れば、星を見るのにアメリカ西部ほど適した場所はないと思うに違いない

2015年04月11日 16時32分 JST | 更新 2015年04月11日 16時32分 JST

映像プロデューサーのランディ・ハルバーソンが新たに公開したタイムラプス(低速度撮影)映像は圧巻の一言だ。彼はアメリカ・サウスダコタ州のタイムラプス映像を集めた「ダコタラプス」の主催者だ。

トレイルズ・エンド」は、2014年撮影のハルバーソンお気に入りの低速度ショットを、2015年早期に撮影したオーロラと合体させた作品だ。ワイオミング、ユタ、サウスダコタの3州で撮影された。映像の多くは、キャンプの最中に「人里離れた小道の先で」撮影したという。

夜間の星空の低速度撮影、天の川やオーロラは、静止画用デジタルカメラを使って長時間露光で撮影される。ハルバーソンは自身のウェブサイトでこう説明した。「10秒から30秒間の長時間露光で、カメラセンサーは、肉眼でみるよりもっと多くの光をとらえることができるんです。天の川とオーロラは、静止画撮影や低速度撮影で見えるほど、肉眼では輝いて見えないんです」。

ハルバーソンはまた、「動画中で太陽のようなものが見えたとしたら、それは実は月です。月は長時間露光で撮影すると太陽のように風景を明るく照らします」と書いている。

ハルバーソン氏はこのようなタイムラプス動画を作り始めて約5年になるという。彼のその他の作品はこちら(もしくはこちら)から確認できる。

また、フルカット30分版の「トレイルズ・エンド」は、ハルバーソン氏のウェブサイトからダウンロードできる。

2014年人類を魅了した宇宙の写真

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています