ニュース

松山英樹、大健闘の5位 3日連続イーグル【ゴルフ・マスターズ】

2015年04月13日 00時04分 JST | 更新 2015年04月13日 00時04分 JST
DON EMMERT via Getty Images
Hideki Matsuyama of Japan hits out of the sand on the 7th hole during Round 4 of the 79th Masters Golf Tournament at Augusta National Golf Club on April 12, 2015, in Augusta, Georgia. AFP PHOTO/DON EMMERT (Photo credit should read DON EMMERT/AFP/Getty Images)

男子ゴルフの海外メジャー大会第1戦、マスターズ・トーナメントは4月12日、アメリカ・ジョージア州オーガスタで最終ラウンドが行われ、松山英樹選手はスコアを6つ伸ばして通算11アンダーとして、自己最高の5位と健闘した。日刊スポーツなどが報じた。

最終ラウンドが行われ、首位と11打差の10位からスタートした松山英樹(23=LEXUS)は1イーグル、4バーディーを奪って66をマークし、通算11アンダーの277で5位だった。

8番でバーディーを奪い勢いに乗った。10番、11番は連続バーディー。13番では見事に3日連続となるイーグルを奪った。18番もバーディーで締めた。

松山が自己最高5位 3日連続イーグルで快進撃 - 海外男子 : 日刊スポーツ 2015/04/13 07:59)

松山英樹、マスターズ5位

2001年の伊沢利光選手と2009年の片山晋呉選手が記録した日本選手最高の4位には届かなかった

松山選手は「きょうはパットが入ったので、よかった。ここまでの3日間でこういうプレーをしないと優勝にはなかなか届かないので、そうできるよう練習したい」と話した

優勝したのは21歳のジョーダン・スピース選手(アメリカ)。通算18アンダーで、初日からトップを守った。18アンダーは1997年大会にタイガー・ウッズ(アメリカ)が作った大会最少スコアに並び、優勝賞金180万ドル(約2億1600万円)を獲得した

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています