ニュース

朴槿恵大統領ヒモをグイッ!模型がバターン!「ダメだこりゃ」

2015年04月14日 01時44分 JST | 更新 2015年04月14日 01時44分 JST

「第7回世界水フォーラム」が4月12日から、韓国南東部の大邱・慶尚北道エリアで開かれる。ところで、知っている人、何人いた?

これで少しは増えたかもしれない。すべて「水時計」のおかげだ。

聯合ニュースによると、「世界水フォーラム」が開幕した12日午後2時40分ごろ、朴槿恵大統領ら各国の主要参加者が、開幕を告げる「自撃楼綱引き」のパフォーマンスをしていたところ、木製の高さ2mの構造物が倒れた。

この場面はソーシャルメディアなどを通じて急速に拡散した。「自撃楼」とは、朝鮮王朝(李朝)時代の科学者が製作した韓国初の水時計で、クライマックスで倒れたのはその模型。

組織委員会の関係者は「一風変わった見せ場を作ろうと、このパフォーマンスを計画した」と話し、原因を調査していることを明らかにした

パフォーマンスは惨憺たる結果に終わったが「一風変わった見せ場」になったことは間違いない。

「世界水フォーラム」は、民間シンクタンク「世界水会議」が主催する国際会議。1997年以降、毎年春に開かれている。

この記事はハフポスト韓国版に掲載されたものを翻訳、要約しました。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

びっくりしたネコたち 27連発