8歳の少女は踊った。ついに義足を外して。(動画)

投稿日: 更新:
印刷

アリッサ・サイズモアは、2014年5月、外で遊んでいてトラックの事故に巻き込まれ、右足を失った

ダンスが大好きだったアリッサは、足の一部を失っても、踊ることを諦めなかった

それから1年弱ーー。

アリッサは、義足をつけて軽やかに踊った。

見事なY字バランスを決め、歓声を浴びる。

けれど、それだけではなかった。

1分47秒すぎ、彼女は笑顔で義足を外したのだ。

dance

笑顔で、ありのままの姿で、軽やかに踊る。

アリッサは、演技を終えると、観客のスタンディングオベーションに包まれた。

「4歳のときから、私はダンスが大好きだったの。足の一部を失ったけれど、踊りは止められなかった。私は、それでも踊りたかった」。アリッサは人々に語ってくれた。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

衣装も義足もクールに撮って 横浜でファッションショー:朝日新聞デジタル

スポーツを考える:義足のアスリート・村上清加

衣装も義足もクールに撮って 横浜でファッションショー

熊本)障害者のチャレンジ陸上、125人が出場