ニュース

マララさん、小惑星の名前になる NASAの女性研究者が提案【画像】

2015年04月16日 00時38分 JST | 更新 2015年04月16日 00時38分 JST
NICHOLAS KAMM via Getty Images
Nobel Peace Prize recipient Malala Yousafzai speaks at the Forbes Under 30 Summit in Philadelphia on October 21, 2014. Malala, who was shot by the Taliban in Pakistan in 2012, became the youngest-ever Nobel Peace Prize winner on October 10, 2014 at the age of 17 for her advocacy of education for girls. AFP PHOTO/Nicholas KAMM (Photo credit should read NICHOLAS KAMM/AFP/Getty Images)

2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したパキスタン人のマララ・ユスフザイさんの名前が、小惑星の名前となった。アメリカ航空宇宙局(NASA)が4月15日、「316201 Malala」と名付けたと発表した

小惑星は、2010年に発見された「2010 ML48」。火星と木星の間の小惑星帯にあり、直径は約4キロ。太陽を5年半の周期で回っている。直径約4キロでトナーのような真っ黒な色をしているという。マララさんのノーベル賞受賞に敬意を表して、NASAジェット推進研究所の女性研究者チームが提案。国際天文学連合(IAU)が認めたという。

malala

マララさんの名がつけられた「316201 Malala」

チームはこれまでにも、自然保護活動家のワンガリ・マータイさんや、女性の公民権運動家ローザ・パークスさん、歌手アレサ・フランクリンら偉大な女性の名を小惑星に付けている。

マララさんは、女性が教育を受ける権利を主張して、イスラム武装勢力タリバーンの銃撃を受け、奇跡的な回復を遂げた。その後は、「マララ基金」を設立するなど、女性や子供の教育の権利を訴えて活動している。

【関連記事】

マララ・ユスフザイさん画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています