ニュース

森高千里「オバさんになっても」まだ歌えます

2015年04月15日 23時58分 JST | 更新 2015年04月15日 23時58分 JST
時事通信社

oricon style

森高キッパリ、『オバさんになっても』まだ「歌えます」

歌手の森高千里が、15日スタートのフジテレビ系『水曜歌謡祭』(毎週水曜 後7:57 ※同日は2時間SPで後7:00)に出演し、MCデビューを果たした。この日は“代名詞”の膝上丈スカートで変わらぬ美脚を披露。「私がオバさんになっても」を歌った和田アキ子から「いま歌える?」とイジられるも「歌えますよ!」とキッパリ答えるなど終始、笑顔でMC業をこなした。

冒頭、和田とAKB48メンバーが「私がオバさんに~」をコラボで熱唱した。「いよいよ始まりました」と開始宣言した森高は和田から、「(同曲を)若いから作れたんでしょ?今歌える?」とイジられるも「歌えますよ!」と笑顔。

大御所である和田との共演を終えたAKB・島崎遥香に「島崎さん(共演は)いかがでしたか」と質問するなど終始、アンジャッシュ・渡部建とのタッグでMC業をそつなくこなした。

最後は、出演者全員でキャンディーズの「微笑がえし」を合唱。森高は、和田や鈴木雅之、工藤静香、槇原敬之らに次々に感想を求め、「また来週」と笑顔でエンディングを迎えていた。

同番組は、音楽史に残る名曲やヒット曲をアーティスト同士のコラボレーションやカバーで楽しむ、音楽エンターテインメントショー。同局系で生放送のレギュラー音楽番組は『MJ-MUSIC JOURNAL』(1992年~94年)以来21年ぶりとなる。

【関連記事】

関連記事