ニュース

同性婚の支持率、アメリカの全50州で上昇(最新の世論調査)

2015年04月15日 23時54分 JST | 更新 2015年04月16日 00時15分 JST
Alex Wong via Getty Images
ARLINGTON, VA - OCTOBER 06: Erika Turner (R) and Jennifer Melsop (L) of Centreville, Virginia, rejoice as they becomes the first same sex marriage couple in Arlington County as they speak to members of the media outside Arlington County Courthouse October 6, 2014 in Arlington, Virginia. The U.S. Supreme Court announced that it will not hear the five pending same-sex marriage cases, paving the way for gay and lesbian marriage in 11 more states. (Photo by Alex Wong/Getty Images)

新たに行われた調査によると、アメリカ合衆国の50州全ての地域で、同性婚を支持する傾向が強まっている。この中には同性カップルが法的に認められていない州も含まれる。

調査はカリフォルニア大学ロサンゼルス校法学部のウィリアム研究所と、ドレクセル大学によって行われた。2004年と現在で、世論が大きく変化したことを報告している。ハフポストUS版に送られた報告書によると、同性婚に対する支持が最も低いアラバマ州もその例外ではなく、2016年には2004年の2倍の支持率に達すると見られている。

また、調査によると2014年に同性婚に対する肯定的な世論の割合で最も高かったのはバーモント州の75%、ワシントンD.C.の86%だった。

その他、全ての州で同性婚を支持する世論の高まりが見られ、2004年からは平均で年間2.6%、2012年からは平均で年間6.2%上昇した。

調査を行ったウィリアム研究所のアンドリュー・フロレス氏は「アラバマのような保守的な州では同性婚に対する態度は変わっていないだろうと思われていました。しかし、実際にはこれらの州で今後も、より大きく意識が変化することが見込まれています」と述べた。

この変化は、4月末に行われる予定の合衆国最高裁判所での同性婚に関する審理に好影響を与えそうだ。4月28日には、州が同性婚を法律で禁止する権利があるかについて審議する口頭弁論が行われる予定だ。

多様なカップルの結婚式の様子は、こちらから確認できる。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Gay Marriage Signs