ニュース

自衛隊機のスクランブル、2014年度は過去2番目の943回

2015年04月15日 21時50分 JST | 更新 2015年04月15日 23時45分 JST
Reuters

[東京 15日 ロイター] - 防衛省統合幕僚監部は15日、領空侵犯の恐れがある外国機に対する自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が、2014年度は過去2番目に多い943回だったと発表した。

最も多かったのはロシア機で473回。中国機が464回と続いた。中国機へのスクランブル回数は、データが比較できる01年度以降で最多となった。ロシアは情報収集機、中国は戦闘機が目立ったという。

これまでの最多は、旧ソ連軍の動きが活発だった冷戦期の1984年度で944回。14年度はほぼこれに並んだ。

関連記事

入間航空祭【2013年11月3日】