ライフスタイル

スーパーカーは、僕らの憧れだった 心のエンジンに火を灯せ(画像集)

2015年04月16日 18時35分 JST | 更新 2015年04月18日 19時59分 JST

1970年代、日本に空前絶後のスーパーカーブームが巻き起こった。池沢さとしの漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、ランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ512BBなど、高性能スポーツカーが「スーパーカー」と呼ばれ、多くの子供たちが夢中となった。消しゴム、玩具などでスーパーカー商品は飛ぶように売れ、全国各地でスーパーカーショーが開催された。

40年近くたった今でも、僕らが憧れた名車たちの美しさが古びることはない。200枚以上のスライドショーを用意した。

1970年代のスーパーカー


■2001年以降のスーパーカー

super21c


ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています