NEWS

加瀬邦彦さんが死去 「ザ・ワイルドワンズ」リーダー、「TOKIO」作曲

2015年04月21日 17時54分 JST
加瀬邦彦オフィシャルブログより

『想い出の渚』などのヒット曲で知られるグループサウンズ「ザ・ワイルドワンズ」のリーダーで音楽プロデューサーの加瀬邦彦(かせ・くにひこ)さんが死去したことがわかった。74歳。4月21日朝、加瀬さんが自宅で死亡しているのを家族が見つけたという。自殺とみられる。朝日新聞デジタルなどが報じた。

日刊スポーツによると、所属事務所関係者は取材陣に対し、「亡くなったのは事実です。詳しいことは明日(22日)、発表します」と述べたという。

加瀬さんは、1941年、東京都出身。慶応大学時代の1961年に、初めてバンドを結成した。その後、「スパイダース」や「寺内タケシとブルージーンズ」を経て、1966年7月に加山雄三が命名した「ザ・ワイルドワンズ」を結成。11月に「想い出の渚」でデビューした。加瀬さんはヤマハに特注した12弦ギターの豊かな音色で人気を博した。

解散後は、作曲家、沢田研二のプロデューサーとして活躍。「危険なふたり」「TOKIO」などの楽曲を書き、ヒットさせた。

1994年には食道がんを経験。2012年4月には自身のブログで「癌を克服して元気で明るく活動しているワイルドガンズ」と、ワイルドワンズのメンバー全員が、がんを経験していることを明るく綴っていた

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

2015年に亡くなった著名人

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています