Huffpost Japan

運動すると鍛えられるのは体だけではない 脳にもよい効果がある(研究結果)

投稿日: 更新:
EXERCISE BRAIN
Crossfit dip ring group workout at a gym. | LUNAMARINA
印刷

運動をすると筋肉が鍛えられることはよく知られていることだが、脳にも良い効果があるということが最新の研究で示された。ひとりは運動をし、もうひとりはあまり運動をしていない双子を比べた結果、運動をしていたほうが、脳の運動制御をつかさどる部位である「灰白質」がはるかに多かったのだ。

双子は同じ環境で育ち、もちろん遺伝子構造も同じであるためこの灰白質の量の違いを説明できるのは運動習慣によるものだと言えそうだ。

【研究方法】

研究は若い10組の一卵性双生児たちを被験者にして行われた。双子のうち「活動的な方は活動的でない方よりも平均して1週間に3時間多くジョギングをした」と、健康情報ウェブサイト「HealthDay」は伝える。また、The New York Times紙によると、双子は運動習慣は異なるものの、食習慣には大きな違いはなかったという。

【結果】

彼らの身体組成、インスリン値、脳のMRI検査を調べた結果、双子のうち定期的に運動しているほうが体脂肪が少なく、インスリン値も健康的で、脳の線条体前頭前皮質の灰白質量が多かった。

灰白質は、脳内で感覚ニューロンや運動ニューロンから得た情報を処理する神経細胞体が集まった領域だ。灰白質の量が多いことは脳にとってはよいことだといえる。

「子供の頃には同じような運動習慣があっても、大人になってから違う運動習慣を持つことで、双子たちの脳の構造にこれほどはっきりとした変化が起こるということは、我々にとって驚きでした」と、この研究を監督したフィンランド・ユヴァスキュラ大学の教授、ウルホ・クヤラ博士はハフポストUS版に述べる。

また「アメリカエクササイズ評議会」の最高科学責任者、セドリック・ブライアント博士はハフポストUS版に対して「運動をしてこういった変化が起こることで、年齢を重ねる体によりよい運動機能が備わることが期待できます。双子のうち活動的でない方がもっと体を動かすことで、活動的な方と同じような効果を得られるようになるまでに、どれくらいの時間がかかるのかを調べるのも興味深いことです」次のように語った。

運動することが脳にもよい効果をもたらすことを示す研究は、今回が初めてではない。たとえば2014年に行われた研究は、1日20分間ウエイトリフティングをするだけでも、長期記憶を約10%高めることを示唆している。

研究チームは引き続き、運動が脳の機能に及ぼす影響について調査結果をさらに詳しく分析し、報告する計画だという。

今回の研究は、『Medicine & Science In Sports & Exercise』誌の2015年3月号に掲載されている

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:湯本牧子/ガリレオ]

Close
運動は脳に良い影響を与える
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

アスリートでなくても“効率的”なエクササイズを--心拍数も計れる活動量計「Fitbit Charge HR」