NEWS

「日本で生まれたことが罪なのでしょうか?」日本生まれ日本育ちのタイ人少年、在留許可を求める

2015年04月24日 18時55分 JST | 更新 2015年04月24日 19時13分 JST

「僕は日本で生まれて育ったので日本のことしか知りません。タイには行ったこともなければ、友だちもいません。タイ語は話せるけど読んだり書いたりできません。どうして退去しなければならないのか納得できないのです」――

不法滞在のタイ人女性を母親に持つ15歳の少年、ウォン・ウティナンさんが、法務省入国管理局の退去強制処分の撤回を求める訴訟を東京地裁に起こし、4月23日、第一回口頭弁論が行われた。

ウティナンさんは日本で生まれ、日本で育ったが、母親が不法滞在だったため、小学校にも通えず、山梨、長野など転々と隠れ住む生活を送った。2013年、甲府市の人権団体の支援を受け、中学校に編入。勉強を続けたが、2014年8月、退去強制処分を受けた。

この訴訟をウティナンさんと起こした児玉晃一弁護士は「同じようなケースで、いくらでも在留許可が得られた事例があり、この処分は絶対におかしい」とハフポスト日本版の取材に答えている。

児玉弁護士ならびにウティナンさんの許可を得て、第一回口頭弁論でウティナンさんが訴えたメッセージを転載する。(「ウォン・ウティナン」は通称)

***

裁判官にお願いしたいこと

バーパクディ ウティポーン

 僕は平成十二年一月二十一日に、甲府で生まれました。お父さんの記憶も、甲府に居たという記憶もありません。お母さんと一緒にあちらこちらで暮らし、十一歳になる少し前に甲府に引っ越して来ました。甲府ではオアシスというボランティアの団体がやっている「子ども会」に通い始めました。子ども会の人たちは、僕を学校に入れようと勉強を教えてくれました。色々なことを知ることができうれしかったです。週に三日から四日、一日二時間ほどの勉強でしたが、お蔭で、少しずつ集団にも慣れ勉強も楽しくなっていきました。子ども会がある日は必ず参加しました。学校に行っても、授業がなんとか理解できるくらいの学力がついてきたことと、子ども会に来ている他の子どもたちとも話ができるようになってきたことから、入学の手続きを進めることになり、初めて自分に日本国籍がないことを知りました。お母さんの友達のタイ人の女の人の子どもたちは、みんな日本人だったので僕も自分は日本人だと思っていました。本当に驚きでした。

 十三歳の時、甲府市の教育委員会に行って話し合い、南西中学校の二年生に入学させてもらうことになりました。南西中の先生も、同級生も僕にいろいろ気を使ってくれました。本当の意味で友達ができたのはオアシス子ども会と南西中に行ってからだと思います。勉強して言葉の色々な意味が解るようになり、勉強が面白くなりました。それまでは言葉の意味が解らないことが多かったのです。本を読んだり、人と話をする中でどんどん言葉を覚えました。自分がどんどん変わって人生が豊かになってきました。もし学校に行かなければ、今回のように裁判もできず、ビザもないまま大きくなって、生活を続けることもできなかったと思います。本当にオアシスの人たちや甲府市の教育委員会の人たち、南西中学校の先生や友達に感謝しています。

 学校の友達も増え、僕はバスケ部に入ったり、演劇をしたり、勉強したり本当に毎日が充実していました。

ですが、昨年の八月一日に、入管の人に突然「君とお母さんはタイに帰りなさい」ときつく言われて、頭の中が真っ白になりました。入管の人が他にも何か言っているのですが、頭に入ってきませんでした。何とかして家に帰ってオアシスの人に電話をしたときに泣きました。僕はどうしても納得できませんでした。悲しかった。僕は同級生に知られるのは恥ずかしいと思いましたが、皆の力を借りなければ裁判ができないと思うようになりました。同じ学年の生徒全員合唱練習の時にみんなの前で、僕の気持ちと裁判することを話しました。話終わって、みんなの方を見ると泣いてくれている友だちもいて、先生も泣いていました。そのあとすぐに友だちが「俺、駅に行って署名を集める」と言ってくれて本当にうれしかったです。みんなに助けを求めて本当に良かったと思いました。そうでないとみんなにうそをついて生きていくことになってしまったと思います。

 同級生のお父さんやお母さん、それにオアシスの人たち、地域の人たちが集まって「裁判を支える会」を作ってくれました。三月二十八日にオアシス子ども会の友達と一緒に署名の数を確認しました。一万五千筆を超えていました。驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。友だちや友だちのお父さんやお母さん、地域の人たちがいろんな催しをしてくれて集めた署名です。

 僕は日本で生まれて育ったので日本のことしか知りません。タイには行ったこともなければ、友だちもいません。タイ語は話せるけど読んだり書いたりできません。どうして退去しなければならないのか納得できないのです。僕は特に甲府に来てから一生懸命頑張ってきたと思っています。どうして僕が日本に居られないのでしょうか?何か悪い事でもしたのでしょうか?何か悪いことをしたのなら、教えてほしいと思います。人はお父さんとお母さんを選ぶことができません。僕はお父さんを知りません。僕が生れたことは悪いことだったのでしょうか?僕は産んでくれたことを感謝しています。生んでもらって良かったし、友だちと楽しく、一生懸命生きていきたいと思っています。どうか僕のことを認めてほしいと思います。何も悪いことをしていないのに、なぜ罪があるように扱われるのでしょうか?僕が日本で生まれたことが罪なのでしょうか?僕は悔しいです。

 どうか在留を許可してください。僕たちを認めてください。僕はまだ子どもで力が足りません。やっと高校に入ったばかりで、これからますます勉強をしなければなりません。どうか力を貸してください。僕は、勉強を続け、立派な大人になって、真面目にしっかり働いて、僕のように困ってる人がいたら手助けできる人になりたいと思います。お願いします。

***

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています