NEWS

鈴木亮平、"イケメンすぎない"のに重宝されるワケ

2015年04月26日 22時42分 JST | 更新 2015年04月26日 22時50分 JST

oricon style

“イケメンすぎない”鈴木亮平が重宝されるワケ

NHK連続テレビ小説『花子とアン』でヒロイン・吉高由里子の夫役を好演し、一躍大ブレイクした俳優・鈴木亮平。「まじめで誠実そう」「イケメン過ぎないのがいい」などとして多くの女性、特に“大人”の女性からの支持を集め、現在も数多くのドラマや映画、CMに引っ張りだこだ。身長186センチの鍛え抜かれた肉体、役のために20キロも減量するアプローチなど、彼が制作者からも視聴者からも支持される要因を探っていこう。

◆高学歴の役者バカ、子持ちの既婚者だが、女性ファンの好感度が高い

鈴木亮平の魅力とはどこにあるのだろうか? 1つ目は、高学歴であること。東京外語大学でも最もレベルが高いとされる外国語学部欧米第一課程英語専攻を卒業し、英検一級を取得。アメリカ留学経験もあるが、高校時代はドイツ語スピーチコンテストでも優勝。記者会見で流暢な英語を披露したこともある。さらには世界遺産検定1級の合格者という面も持つ。

2つ目は、ストイックな役者バカ。映画『HK/変態仮面』では、女性のパンティを被ると超人的な力を発揮する主人公の変態仮面を熱演。衣装もアマレスで着るユニフォームをヒモ状にしたような、股間も尻も超ハイレグ仕様のコスチュームを着用。下品の極みともいえる姿だが、彼は「一度体重を15kg増量した上で、脂肪をそぎ落とす」肉体改造に踏み切り、その姿、作品を“美しい”とさえ思わせるところまで昇華させた。また、4月スタートの日曜劇場『天皇の料理番』(毎週日曜 後9:00 TBS系)でも、主人公の佐藤健の病死する兄役を演じるために20キロ減量。米俳優のロバート・デ・ニーロばりの徹底した役作りは大きな話題を呼んだ。ちなみに、10日でリバウンドし元通りの姿となった鈴木は、「絶対、真似しないで」と呼びかけていた。

3つ目は、すでに既婚者であること。2011年に学生時代から付き合いのある年上の一般女性と結婚し、一児の娘がいる。女性人気が高まったのは昨年ぐらいからだが、事実が判明しても、女性ファンにがっかりされるどころか、逆に好感度を上げた。『花子とアン』での「誠実で理解のある夫」役が、真面目で誠実そうな鈴木とリンクし、自身の理想の旦那像と照らし合わせている女性ファンも多いだろう。

◆“実力”と“実績”を兼ね備えた鈴木は、作り手も視聴者も安心できる貴重な存在

これらは女性ファン、特に連続テレビ小説をよく観ている中高年の女性に、ウケのよい材料ともいえる。わかりやすい“イケメン”ルックスではないものの、爽やかで高身長の肉体美、頭もよくて努力家、そうしたある種“現実的”な要素が、彼女らに支持される理由かもしれない。実際、『クリーム玄米ブラン』のCMでは、同様にマダム層から絶大な支持を得ていた長谷川博己から、最近になって鈴木亮平にバトンタッチされている。

同じ系列の人気でいえば、V6の井ノ原快彦があげられるかもしれない。井ノ原もNHKの情報番組『あさイチ』のキャスターを務め、今や押しも押されもせぬ朝の顔。“理想的なパパ”としてのポジションを確立し、好感度も非常に高い。鈴木の場合、誰からも好かれる、純日本的なルックスに加えて、高学歴、超肉体、役者バカ、そして家庭的といった側面がプラスされる。それでいて男性側からのやっかみも皆無。さらには、和服も似合う“梨園”的な雰囲気さえも漂わせている。

テレビ番組の製作サイドとしても、お茶の間の好感度ができるだけ高い人間を起用したいし、いろいろな役に合わせて自分を作ることができる役者を求めている。そうした“実力”と“実績”を兼ね備えた鈴木亮平は、作り手も視聴者も安心できる貴重な存在だ。今後は、バラエティも含め、さらに活動の場を広げていくことであろう。

(文:五目舎)

【関連記事】

関連記事

「花子とアン」画像集