NEWS

新たな政府専用機のデザインが決定 赤いラインのボーイング777(画像集)

2015年04月28日 18時32分 JST

防衛省は4月28日、2019年度から新たに導入する政府専用機の外装デザインを発表した。現行機と同じく日の丸をモチーフにした赤いラインが特徴で、これまでのような直線ではなく、ゆるやかなカーブを描いている。

新しい政府専用機は、ボーイング社の「777-300ER」。現行のジャンボジェット「747-400」から切り替えることを、決定していた

  • 防衛省
    新しい政府専用機は、ボーイング社の「777-300ER」。現行のジャンボジェット「747-400」から切り替えることを、決定していた。整備委託先についても、日本航空(JAL)から全日空(ANA)に変更される。\n\n政府は、両社とも安全面や通信面など政府専用機に必要な事項をすべて満たしたが、後方支援、納期、経費など総合的に評価してANAを選んだ、と説明しているという。
  • 防衛省
  • 防衛省

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

日本の政府専用機 画像集