NEWS

テスラ、家庭用の蓄電池「パワーウォール」発表

2015年05月01日 22時14分 JST | 更新 2015年05月01日 22時14分 JST
DAVID MCNEW via Getty Images
Tesla Motors CEO Elon Musk unveils large utility scale home batteries at the Tesla Design Studio in Hawthorne, California, April 30, 2015. Electric car pioneer Telsa Motors unveiled a 'home battery' Thursday which its founder Elon Musk said would help change the 'entire energy infrastructure of the world.' AFP PHOTO / David McNew (Photo credit should read DAVID MCNEW/AFP/Getty Images)

[ロサンゼルス 30日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズは、家庭・法人・電力会社向けの蓄電池「テスラ・エナジー」を発表した。

マスク最高経営責任者(CEO)が、カリフォルニア州ホーソンにあるテスラのデザインスタジオで記者会見した。同CEOは「われわれのゴールは、世界がエネルギーを利用する方法を根本的に変えることだ。世界のエネルギー・インフラを完全に変えることだ」と強調した。

そのうち、家庭用の蓄電池の名称は「パワーウォール」。設置業者向けの販売価格は、10キロワット時のモデルが3500ドル、7キロワット時のモデルが3000ドル(インバーターや設置費用は除く)。

テスラは、蓄電池事業の粗利益率は第4・四半期は低水準にとどまるが、着実な成長を続け、来年には採算性が好転すると予想している。

調査会社IHS・CERAによると、世界の蓄電池産業は12年は2億ドル規模だったが、17年までに190億ドルに成長する見通し。

関連記事

テスラモーターズ画像集