NEWS

キャサリン妃が陣痛で入院 間もなく第2子誕生

2015年05月02日 18時22分 JST | 更新 2015年05月02日 18時22分 JST
KGC-42/STAR MAX/IPx
Photo by: KGC-42/STAR MAX/IPx 3/27/15 Catherine The Duchess of Cambridge visits the Stephen Lawrence Centre in Deptford. (London, England, UK)

イギリス王室は5月2日、ウィリアム王子(32)の妻で、第2子妊娠中のキャサリン妃(33)の陣痛が始まったため、ロンドン市内のセント・メアリー病院に入院したと発表した。47NEWSなどが伝えた。

第2子は性別にかかわらず、王位継承順位がチャールズ皇太子、ウィリアム王子、兄のジョージ王子に次ぐ4位となる。

第2子の出産予定日は既に過ぎており、英国民に期待が高まっている。

英キャサリン妃が陣痛で入院 第2子出産へ - 47NEWS 2015/05/02 16:58)

キャサリンさんは、ロンドンでの住居ケンジントン宮殿から車で移動した。ウィリアム王子も同行しているという。

セント・メアリー病院は、2013年にジョージ王子が生まれた病院と同じ。亡くなったダイアナ元皇太子妃も1982年に、ウィリアム王子とヘンリー王子を出産している

Kate Middleton's Pregnancy Style

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

セント・メアリー病院の王室ファン