NEWS

「我々はナチスの犠牲者への責任がある」 メルケル首相が演説

2015年05月03日 22時14分 JST | 更新 2015年05月03日 22時41分 JST

ドイツのメルケル首相は5月3日、ダッハウ強制収容所の解放70年式典で「ナチスがこの収容所で犠牲者に与えた底知れない恐怖を、我々は犠牲者のため、我々のため、そして将来の世代のために、決して忘れない」と演説した。朝日新聞デジタルが報じた。

ダッハウ強制収容所は、ドイツ南部のミュンヘンの北西15kmほどのところにあった。1933年にナチス政権のハインリヒ・ヒムラーが設置を発表。1945年4月末に連合軍によって解放された。ユダヤ人ら4万人以上が犠牲となったと言われている。

この式典は収容所の跡地で開催された。メルケル首相は「我々は、皆、ナチスのすべての犠牲者に対する責任を負っている。これを繰り返し自覚することは、国民に課せられた義務だ」と演説。「若者たちが過激な思想に影響されることがないよう、一体となって取り組む必要がある」と訴えた

  • 献花するメルケル首相
    Alexandra Beier via Getty Images
    (Photo by Alexandra Beier/Getty Images)
  • 献花するメルケル首相
    CHRISTOF STACHE via Getty Images
    (Photo credit should read CHRISTOF STACHE/AFP/Getty Images)
  • 献花するメルケル首相
    Alexandra Beier via Getty Images
    (Photo by Alexandra Beier/Getty Images)
  • 演説するメルケル首相
    Alexandra Beier via Getty Images
    (Photo by Alexandra Beier/Getty Images)
  • ダッハウ強制収容所の生存者と面会するメルケル首相
    Alexandra Beier via Getty Images
    (Photo by Alexandra Beier/Getty Images)

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】

未来のつくりかた――ダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始

グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかた――。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所