NEWS

箱根山、大涌谷周辺に避難指示 「これまでと違うことが起きている可能性」と気象庁

2015年05月05日 22時33分 JST | 更新 2015年05月06日 18時33分 JST

気象庁は5月6日、箱根山に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)へ引き上げた。箱根山の火山活動が高まっており、小規模な噴火の可能性があるという。

これを受けて、地元の箱根町は6日午前6時すぎ、大涌谷周辺に避難指示を発令。箱根ロープウェイを全線運休にしたほか、県道734号線の大涌谷三差路から大涌谷方面への通行を禁止し、姥子~大涌谷間の自然探勝歩道を閉鎖した。

hakone

箱根山の噴火警戒レベルが2となるのは初めて。箱根山では4月26日から火山性地震が増加しており、5月5日には震度1を観測する地震が3回発生したことなどから、気象庁では、箱根山では火山活動が更に高まっていると考えられるとしている。このため小規模な噴火が起こる可能性があり、飛散する大きな噴石や火山灰に警戒・注意が必要だという。

hakoneyama

NHKニュースによると、気象庁火山課の北川貞之課長は6日午前8時からの記者会見で、「5日夜9時すぎに起きたマグニチュード2を超える地震は一連の地震活動の中では規模が大きく、震源の深さが5キロぐらいと、これまでよりも深い場所で起きた。より高温の火山ガスなどが上がってきているなど、これまでとは違うことが地下深くで起きている可能性があると考え、火口周辺警報を発表した」と説明した。

》「箱根町火山防災マップ」はこちら

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】

未来のつくりかた――ダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始

グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかた――。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

大涌谷 画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています