Huffpost Japan

オーストラリアのマクドナルド、日本と違いすぎる これは未来の店舗なのか

投稿日: 更新:
印刷

オーストラリアにある「マクドナルド」の店舗が、凄いと話題だ。店の雰囲気やメニューの選び方、そして、ハンバーガーのつくられ方まで違うのだという。

どれくらい違うのか?まずはできあがった、ハンバーガーを見てほしい。

mattyd93さん(@mattyd93)が投稿した写真 -

これは、「Create Your Taste(CYT)」と呼ばれるハンバーガーカスタマイズサービスを提供するオーストラリアの店舗で、実際に提供しているハンバーガーだ。CYTでは顧客の好みに合わせて、バンズや中身のトッピングを変えられるようになっている。

店に入ると、待ち受けているのはレジではなく、タッチパネル式の大きな注文画面だ。指示に従って画面にタッチし、注文する。

#createyourtaste #maccas #mcdonalds

Melinda Francois 🌺✌️💫さん(@melindafrancois)が投稿した写真 -

注文を受けると、顧客からみえるキッチンスペースで、店員らが調理。

できあがったものが運ばれてくる。

試食品を配ることもあるという。

さあ召し上がれ!

朝食メニューはこんな感じ。

@createyourtaste_sydが投稿した写真 -

気になるお値段は。こちらの内容だと…

約1000円。「全部のせ」だと約3000円になるという。

ブルームバーグによると、オーストラリアでは2014年末にCYTサービスを開始。現在約300の店舗がCYTサービスを導入済みで、7月までに940の店舗に拡大するという。CYTはオーストラリア以外でも、アメリカシンガポールなどに一部店舗が存在する。

しかし、CYT導入には1店舗あたり10万ドル(約1200万円)超の初期投資を要し、ドライブスルーでは利用できないことなどから、CYTの簡略版「Taste Crafted」サービスが試験的に展開されている。こちらは、「パテかクリスピーチキン」、「パンの種類」、そして「トッピングの組み合わせ3パターン」を組み合わせるというものだ。

taste crafted

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】
未来のつくりかた――ダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始
グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかた――。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

Close
世界のベストレストラン2013
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています