NEWS

ピカソの「アルジェの女たち」 史上最高の215億円で落札

2015年05月11日 23時55分 JST | 更新 2015年05月12日 00時03分 JST

20世紀を代表する画家、パブロ・ピカソの絵画「アルジェの女たち(バージョン0)」(写真左)が5月11日、ニューヨークで競売にかけられ、手数料込みで約1億7900万ドル(約215億円)の値がついた。競売を実施したクリスティーズによると、オークションにかけられた美術品としては史上最高額という。朝日新聞デジタルなどが報じた。

women of algiers

この油絵は1955年に描かれたもので、19世紀のフランスの画家ドラクロワが描いた「アルジェの女たち」に触発されて、ピカソが描いた連作の一つだ。産経ニュースによると、クリスティーズは当初、1億4000万ドル前後の落札を見込んでいたが、投資効果を見込んだ入札で価格が上がったという。

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】
未来のつくりかた――ダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始
グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかた――。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

フェルメール全作品

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています