NEWS

この10年間で傷つけられ、破壊された10の聖地(画像)

2015年05月11日 16時17分 JST | 更新 2015年05月11日 17時12分 JST
Dhilung Kirat/Wikipedia and AP

10年前の2005年、11世紀に建てられた荘厳なウマイヤド・モスクのミナレット(尖塔)はシリアの首都ダマスカスの街を見下ろしていた。今、モスクは瓦礫と化し、文化が失われたことがはっきりとわかる。世界はこの10年、戦火、目先だけの経済成長自然災害によって聖地が破壊されてきた。

幸運なことに、人間の魂まで失われることはない。多くの地域で住民が一丸となり、破壊された聖地を再建し、将来には復活することを思い描いている。

この10の聖地は、2005年以降に破壊され、大きく変貌してしまったものだ。しかし、これらはほんの一部にすぎない。世界中の宗教が残した重要な古代遺産の記憶を呼び起こすものとして、他の遺跡を未来に向けて保全するよう呼びかけている。

  • 2015年、ネパール。仏教とヒンズー教の寺院が地震で倒壊した。
    Dhilung Kirat/Wikipedia and AP
    2015年4月25日、マグニチュード7.8の地震がネパールを襲い、8000人以上が亡くなった。仏教とヒンズー教の国ネパールの重要な寺院や宗教施設が倒壊した。チベット仏教徒にとって大切な2つの聖地も甚大な被害を受けた。1つはボダナート・ストゥーパ。5世紀にゴータマ・シッダールタ(ブッダ)の死の直後に建てられた巨大な仏塔だ。もう1つはスワヤンブナート。5世紀に建てられたストゥーパは別名「モンキー・テンプル」とも呼ばれ、敷地内に聖なる猿の群れが暮らしている。これは様々な宗教が入り混じったスワヤンブナートの4月25日に起きた地震の前後の写真だ。\n\n
  • 2014-15年、イラク。古代アッシリアの遺跡がダーイシュ(イスラム国)に破壊された。
    M.chohan/Wikipedia and AP
    2014年7月、ダーイシュ(イスラム国)がモスルにある預言者ユヌスのモスクや聖廟(別名ヨナの墓)を破壊した。この年の3月には、過激派組織がハトラ遺跡とニムルド遺跡を破壊したとイラクの観光・遺跡大臣が明かした。「人類文明の発祥の地は……破壊されました」とシリアの軍事評議会のキノ・ガブリエル代表は2月、ガーディアン紙に語った。これは古代アッシリアのニムルド遺跡がイスラム国によって破壊されたと伝えられた2015年4月11日の前後の写真だ。
  • 2013年、ベリーズ。古代マヤ遺跡のピラミッドが土地開発者により破壊された。
    Getty Images and Jules Vasquez/7NewsBelize.com
    2013年、ベリーズの建設会社が国内最大のマヤ文明のピラミッド「ノームル」をほぼ壊滅させた。 道路工事用の土砂を採取するためだった。ベリーズ国立考古学研究所によると、その遺跡は少なくとも2300年前に作られ、ベリーズ北部で最も重要な遺跡だったという。左は2012年のマヤ文明の遺跡シュナントゥニッチの寺院。右のノームルのピラミッドは、今やただの石の山だ。
  • 2013年、フィリピン。ボホール島の教会群が地震で倒壊した。
    Malou Buenconsejo/Wikipedia and AP
    2013年に発生したフィリピン・ボホール島の地震でフィリピン最古の教会群がいくつか倒壊し、その他にもさまざまな場所が被害を受けた。セブ島のバシリカ・ミノレ・デル・サント・ニーニョ(サント・ニーニョ教会)は損傷が激しく、鐘楼は倒壊した。この教会はスペインの探検家によって1565年に建てられたフィリピン最古のローマ・カトリック系の教会だ。写真は地震前後のボホール島マリボホク教会。\n
  • 2013年、シリア。アレッポのウマイヤド・モスクが内戦で破壊された。
    Getty Images
    11世紀に建てられたウマイヤド・モスクのミナレットはシリア第二の都市アレッポのユネスコ世界遺産に登録された遺跡だった。しかし2013年、アルカイダ関連の過激派組織アル=ヌスラ戦線と政府軍の戦いで粉々に爆破された。この象徴的なモスクは2013年夏に主戦場となり、反政府軍はアサド政権追放を狙っていた。
  • 2012年、マリ。トンブクトゥのイスラム聖者廟が武装組織に破壊された。
    Getty Images
    2012年、マリのアルカイダ系武装組織「アンサール・ディーン」の攻撃によって、首都トンブクトゥの文化的、宗教的な遺産を破壊した。15世紀に建てられたモスクのドアを打ちこわし、イスラム聖人の墓を破壊した。壊された墓には、中世のイスラム神秘主義者シディ・マフムード、シディ・モクタール、アルファ・モヤなどが含まれる。アンサール・ディーンのスポークスマンはBBCに、組織は街中のイスラム神秘主義の寺院をすべて「例外なく」破壊する計画だったと語った。 写真はトンブクトゥのモスクで武装組織に破壊された古代寺院の近く。
  • 2011年、サウジアラビア。メッカのイスラム遺跡が開発で破壊、改築された。
    Getty Images
    2011年、サウジアラビアは、巡礼地メッカを拡張する計画に乗り出した。それはハッジ巡礼(メッカへの巡礼)のために世界中からイスラム教徒が訪れる第一の聖地を劇的に変えた。預言者ムハンマドの最初の妻ハディージャの家は公衆トイレになった。イスラムの初代カリフ、アブー・バクルの家の跡地は現在ヒルトンホテルになっている。メッカにあるイスラム教で最も神聖なカーバ神殿は、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」に次ぐ世界第2位の高さの超高層ホテル「メッカ・ ロイヤル・クロック・タワー」の影になっている。タワーは豪華なモールやホテルのある複合施設の一部だ。左は2005年のメッカ、右は2012年のほぼ同じ場所。すでに2005年には 数十年かけて大規模な拡張を進めていたが、ここ数年はわずかしか進んでいない。
  • 2011年、ニュージーランド。クライストチャーチ大聖堂が地震で倒壊した。
    Pablo Rodriguez Madroño/Flickr and AP
    マグニチュード6.3の地震がニュージーランド南島のカンタベリー地方を襲ったのは2011年2月22日。ニュージーランド第二の都市クライストチャーチの街は深刻な被害を受け、185人の死者が出た。街の象徴だったクライストチャーチ大聖堂の被害は大きく、尖塔は完全に倒壊した。信者たちの決心は固く修復しようとしたが、礼拝所はダンボール造りの仮設の建物に移った。
  • 2010年:、ハイチ。ポルトーフランスの大聖堂が地震で倒壊した。
    AP
    首都ポルトープランスの大聖堂は、2010年に起きたマグニチュード7.0の直下型地震で倒壊し、ハイチは重要な文化遺産を数多く失った。大聖堂の壁画は1940年代の「ハイチ・ルネサンス」期の画家によるものだった。2012年、ポルトープランス大司教区は再建のためのキャンペーンを開始し、世界中から建築家からデザインの提案を募った。\n
  • 2008年、ミャンマー。ヤンゴンの寺院がサイクロン「ナルギス」で倒壊した。
    Getty Images and AP
    サイクロン「ナルギス」がミャンマーを襲ったのは2008年5月2、3日だった。イラワディ・デルタ地帯は壊滅状態、8万4500人の死者が出た。ミャンマー政府の宗教大臣によれば、その地域内で1400以上の寺院が半壊または完全倒壊した。左は2007年のミャンマーの有名な寺院シュエダゴン・パゴダ。サイクロンで被害を受けた。右は数多くあるある小さなパゴダの一部で、サイクロンの災害で壊滅した。 \n

Nature's Astonishing Natural Disasters

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています