NEWS

U2、ニューヨークの地下鉄構内でサプライズ変装ゲリラライブ(動画)

2015年05月11日 23時00分 JST | 更新 2015年05月11日 23時00分 JST

5月4日にニューヨークのグランド・セントラル駅を通りかかった人はとてもラッキーだった。U2のサプライズ演奏を見る機会に恵まれたからだ。これは、U2がNBCのトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」の1コーナーとして撮影されたものだ。

バンドのメンバーは当初、かつらなどをつけて変装した。ドラマーのラリー・マレン・ジュニアは、ドラムの代わりにバケツをひっくり返して叩いた。

U2が昨晩、ニューヨーク市地下鉄の構内で演奏していた

やがてバンドメンバーは変装を外し、大勢の人々が熱狂し、アルバム「魂の叫び」に収録された1988年のヒット曲「エンジェル・オブ・ハーレム」を大合唱した(ただし、グランド・セントラル駅はハーレムからかなり離れた場所にあるが)。

#u2 #jimmyfallon #ny #metrostation #angelofharlem

A video posted by U2 italian fans (@u2italianfans) on

このシーンは、8日夜の「ザ・トゥナイト・ショー」で放送された。そのため、司会のジミー・ファロンも姿を現した。

@jimmyfallonと@U2が変装し、ニューヨークの地下鉄で演奏。最高に「イン・ザ・ネーム・オブ・LOL」だ〔訳注・U2の曲「プライド(イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ)」にかけたもの。LOLとは大笑いする、大喜びする〕

有名なシェフのマリオ・バターリもその場にいたが、演出に加わっていたのか、あるいは偶然通りがかっただけなのかは不明だ。

this makes a compelling case for subway travel!! @U2 www.u2.com. wheeeeeeee!!!!

A photo posted by Mario Batali (@mariobatali) on

これがあるから地下鉄での移動は最高!!

5月初め、ボーカルのボノとジミー・ファロンが、2014年11月の自転車事故を再現している様子が目撃された。この事故でボノは大怪我を負い、予定されていた「ザ・トゥナイト・ショー」への出演は延期を余儀なくされた。伝えられるところによると、ボノは事故から5カ月経った今も、ギターが演奏できないという。

金髪のボノが、「ザ・トゥナイト・ショー」のために、ジミー・ファロンと共に自転車転倒事故を再現している様子。

ジミー・ファロンの番組で、ボノのバイク事故を再現。人形なので、ご心配なく。

U2の「イノセンス + エクスペリエンス」ツアーは、カナダのバンクーバーで幕を開ける。

Bono looking smug

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png