NEWS

ちょっとヘンなフォルクスワーゲンの広告、スタジアムを飾る

2015年05月12日 15時38分 JST | 更新 2015年05月12日 15時38分 JST

3月に行われたサッカーの国際親善試合、ブラジル対フランス戦で、とある広告が注目を集めた。まずはこの試合中継の一コマを見て欲しい。

ピッチの横にはドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」の文字が……アレ?

vw

もうちょっと寄ってみると。

wv

「V」OLSWAGENじゃなくて、「W」OLKSWAGENになっている!

これに気づいたユーザーが次々とツイートを投稿。ネガティブな #wolkswagen というハッシュタグはトレンドトピックにもなった。

フランスでVolkswagenがWolkswagenになってるよ?! WW?!

ハーフタイムになると、フォルクワーゲン・フランスの公式Twitterが種明かし。

迷っているあなたへ。フォルクスワーゲンのために、VWと言いましょう。簡単ですから。あなたを裏切りませんよ。

そう、これは広告に注目を集めるための仕掛けだった。一杯食わされたTwitterユーザーは次々と賞賛を投稿する。一晩で集まったツイートは、7000を超えたという。

拍手、拍手!

あえて「V」を「W」にスペルミスして賞賛する、粋な投稿も。

とっても賢い広告だね!

ネットではありがちな「騙された!」。一歩間違えば“炎上”にもつながりかねないが、こうした広告は、ありだろうか。なしだろうか。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています