NEWS

「母と娘」15枚の写真を見れば、親子の絆は世界共通だと分かる

2015年05月15日 01時35分 JST
Joe McNally/Getty Images

母親と娘の関係は、他には見られない特別のものだ。

インド、アメリカ、日本、インドネシア、オーストラリア、ウガンダなど、世界中で撮影された15枚のすばらしい「母と娘」の写真を紹介しよう。2人の女性たちの絆を捉えている。女性たちも、その周りの状況も、それぞれに異なっているが、母と娘の根本的な関係はどれも全く変わらない。

Feisal Omar/Reuters/Corbis

カメラの前でポーズを取るサシード・シェイク・ヤコーブさん(34歳)と、娘のファドゥモ・スベール・モハマドさん(13歳)。ソマリアの首都モガディシュのホーダン地区にある国内避難民(IDP)キャンプ内の自宅で。2014年2月11日に撮影。

Joe McNally/Getty Images

インドの母親が、対照的な装いの娘とポーズを取っている。母親はインドの伝統的な服を着ているが、モデル業の娘が身につけているのは黒光りするレザースーツだ。インドのムンバイで、1999年1月に撮影。

George Rose/Getty Images

ルーシー・ブエルさん(76歳)は、これから自分の結婚式に出る。ルーシーさんの娘が、母親の準備を手伝っている。カリフォルニア州クレアモントで1974年に撮影。

David Mercado/Reuters/Corbis

自身が経営する雑貨店の中でポーズを取るルチア・メイタさん(43歳)と、娘のルツ・セシリアさん(12歳)。ボリビアのラパスで2014年2月24日に撮影。

Randy Pench/Sacramento Bee/MCT

自身が経営する農園で、ダリアの花を摘むカーリー・プラリサンさん(左)と、母親のカレンさん。カリフォルニア州ローズビルにある農園で2014年7月1日に撮影。

Gabriel Bouys/AFP/Getty Images

全地形対応車(バギー)に乗る母と娘。アラスカ州シシュマレフで、2006年9月26日に撮影。

Joanne Rathe/The Boston Globe/Getty Images

フランシス・ロビノさんと、娘のペギー・ヒギンスさん。フランシスさんは15歳で母親になった。ペギーさんは、フランシスさんの9番目の子供だ。フランシスさんは、家族で経営するサブマリン・サンドイッチの店で、毎日午前6時から働いている。マサチューセッツ州ベッドフォードで2014年5月9日に撮影。

Toru Hanai/Reuters/Corbis

自宅でポーズを取る宮崎まなみさん(39歳)とアルトサキソフォンを抱えた娘のななはさん(13歳)。東京で2014年2月3日に撮影。

Henry Romero/Reuters/Corbis

自宅の前でポーズを取るロザウラ・レアルソラさん(51歳)と、娘のアレクサンドラ・ヤミレスさん(13歳)。メキシコシティのテピトで2014年2月20日に撮影。

Ann Hermes/The Christian Science Monitor/Getty Images

オーストラリアから来て南アフリカを旅行中のベティー・ドウォルファさん(左)と、娘のアリソン・ドウォルファさん。ケープタウンへ向かうところだ。2013年9月27日撮影。

Roberto Machado Noa/LightRocket/Getty Images

美しい夏の日の下、トロントの水辺でリラックスした1日を過ごす母親と娘。

Gerhard Joren/LightRocket/Getty Images

18歳のシウ・イエさんとその母親。中国のダ・ゾウ村で撮影。

Regina Safri/Antara/Getty Images

インドネシアのグスティ・ラトゥ・カンジェン・ハユ王女が、ロイヤルウェディングで、母親のグスティ・カンジェン・ラトゥ・ヘマス女王から体を清められている。インドネシアのジョクジャカルタで2013年10月21日に撮影。

John Leyba/The Denver Post/Getty Images

ブリトル(ピーナツ入りキャンデー)の材料をトレイに広げるジュリー・ベッカーさんと娘のローラ・ベッカーさん。4世代前から家族に伝わるレシピに従ってブリトルを作っている。コロラド州デンバーで2014年11月16日に撮影。

James Akena/Reuters/Corbis

カメラの前でポーズを取るルーシー・オイェーラさん(42歳)と、娘のアベール・リリアンさん(14歳)。ウガンダ北部のオナンにある自宅で2014年2月16日に撮影。

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】
未来のつくりかた――ダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始
グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかた――。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

アートの中の「お母さん」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:佐藤卓/ガリレオ]

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています