NEWS

久保建英くん、FC東京の下部組織に入団 13歳、前バルセロナ

2015年05月14日 18時51分 JST | 更新 2015年05月14日 19時07分 JST
Koji Watanabe via Getty Images
TOKYO, JAPAN - AUGUST 30: Takefusa Kubo (C) of FC Barcelona in action during the U-12 Junior Soccer World Challenge 2013 final match between FC Barcelona and Liverpool FC at Ajinomoto Stadium on August 30, 2013 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

J1のFC東京は5月14日、バルセロナ(スペイン)の下部組織に所属し「日本のメッシ」とも呼ばれた13歳のMF久保建英(たけふさ)がジュニアユースチーム、U15むさしに入団したと発表した。時事ドットコムなどが報じた。

久保は2011年からバルセロナの下部でプレーしていた。しかし、18歳未満の国際間移籍を禁じる国際サッカー連盟(FIFA)のルールにバルセロナが抵触し、試合に出られない状況が続いたために退団。4月からU15むさしの練習に参加していた。大金社長は期待を込めて「五輪代表、日本代表を背負って立つ選手になってほしい」と話した。

時事ドットコム:13歳久保、F東京U15入り=バルセロナの下部組織でプレー-サッカー 2015/05/14 17:34)

久保は4月にU15(15歳以下)日本代表にも飛び級で選出され、インドネシア遠征に参加した。14日までに日本サッカー協会への登録が完了し、17日の関東リーグから出場が可能となった。

久保建英

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

サッカー日本代表 チュニジア戦 20150327