NEWS

室屋義秀選手は8位 レッドブル・エアレース決勝、千葉で開催【動画・画像】

2015年05月17日 17時30分 JST | 更新 2015年05月17日 19時31分 JST

プロペラ飛行機の世界レース「レッドブル・エアレース」の決勝が、5月17日に千葉市の幕張海浜公園で開かれた。日本人で唯一参戦している室屋義秀(むろや・よしひで)はベスト8に進出したが、ルール違反で失格して敗退した。THE PAGEが報じた。

室屋は、イギリスの強豪ポール・ボノムとRound of 8で対決した際に、「加速度が10Gを超える負荷がかかってはいけない」というルールに違反したため失格、8位に終わった

優勝したのはボノムで、アブダビに続いて2連勝を飾った

「レッドブル・エアレース」は「空のF1」とも呼ばれる人気競技。世界最高の飛行技術を持つ14人のパイロットが最高速度370キロで速さを競い合う。日本初開催となる今回は、16日の予選で室屋が9位に入り、活躍が期待されていた。

  • Redbull
    2015年5月17日撮影
  • Redbull
    2015年5月17日撮影
  • Redbull
    2015年5月17日撮影
  • Redbull
    2015年5月17日撮影
  • Redbull
    2015年5月17日撮影
  • Redbull
    2015年5月16日の記者会見での室屋義秀選手

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

レッドブル・エアレース2015千葉・決勝

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています