NEWS

安倍昭恵さん靖国神社参拝「戦後70年。日本の役割は大きい」 コメント欄の反応は?

2015年05月21日 23時03分 JST | 更新 2015年05月21日 23時24分 JST
ASSOCIATED PRESS
Japan's Prime Minister Shinzo Abe, left, and his wife Akie Abe attend a reception at the Japanese American National Museum Friday, May 1, 2015 in Los Angeles. (Kevork Djansezian/Pool Photo via AP)

安倍晋三首相の妻、安倍昭恵さんが、5月21日に靖国神社を参拝したことを、自らのFacebookに投稿している。

久しぶりに靖国神社参拝。そして久しぶりに遊就館に入りました。家族に宛てた手紙や遺書を読むと胸が苦しくなります。どんな気持ちで戦火に散っていたのだろうか・・・多くの遺影が語りかけてきます。今、私達が平和で豊かな日本に暮らせることを感謝し、改めて世界平和のために私にできることをやっていきたい・・・と思いました。戦後70年。日本の役割は大きい・・・

Posted by 安倍昭恵 on 2015年5月20日

久しぶりに靖国神社参拝。
そして久しぶりに遊就館に入りました。
家族に宛てた手紙や遺書を読むと胸が苦しくなります。
どんな気持ちで戦火に散っていたのだろうか・・・
多くの遺影が語りかけてきます。
今、私達が平和で豊かな日本に暮らせることを感謝し、改めて世界平和のために私にできることをやっていきたい・・・と思いました。
戦後70年。
日本の役割は大きい・・・

安倍昭恵Facebookページより 2015/05/21)

コメント欄には「ありがとうございます」「次回は安倍総理の御参拝を」といったものから「戦争の原因について少しは勉強して欲しい」「ご夫妻でポツダム(宣言)を音読してから行って下さい」などといった反対論、安保法制の議論に絡み「ご家族に塗炭の苦しみを味わせないよう、(集団的自衛権を)行使されませんよう奥様からもお願いしていただければ幸いです」と求めるものなど、様々な意見が書き込まれている。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

8月15日の靖国神社、千鳥ヶ淵戦没者墓苑のようす