NEWS

東大野球部、94連敗で止める 試合後の応援席では......

2015年05月23日 17時31分 JST

5月23日、東京・神宮球場で行われた六大学野球で東京大学が法政大学に6-4で勝利。2010年10月の早稲田大学戦以来の勝利を収め、連敗を94で止めた。

94連敗中の東大が、4-4の延長10回1死二、三塁から、4番楠田創外野手(2年=桐朋)の二塁ゴロが本塁への野選を誘って1点を勝ち越した。さらに1点を追加して2点をリードして10回裏に入った。

その裏、東大は法大の攻撃を無失点にしのぎ勝利を収めた。

東大94連敗でストップ!10回6-4で法大下す - 大学・社会人 : 日刊スポーツ 2015/05/23 17:10)

会場からは、試合後の応援席の模様がツイートされている。

1980年代のホームランバッター写真集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています