NEWS

パンダ1600頭?がソウルに出現(画像)

2015年05月25日 21時00分 JST
Chung Sung-Jun via Getty Images
SEOUL, SOUTH KOREA - MAY 23: People take a 'selfie' photograph near Pandas on May 23, 2015 in Seoul, South Korea. The project now newly renamed as '1600 PANDAS+' is a collaboration which began in 2008 between WWF-France and artist Paulo Grangeon, who handcrafted 1600 pandas, visualizing the number of existing pandas left in the wild with recycled materials to make papier-mache sculptures. The new name '1600 PANDAS+' refers not only to the increase in the population of wild giant pandas to over 1,800 in the past decade, but also to the increased public awareness of wildlife conservation. After ruling nearly 100 exhibitions around the world, the pandas will land in Korea for the first time. (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)

韓国のソウルの世宗文化会館で5月23日、紙で作られたパンダ1600頭が登場した。野生動物保護に対する意識の向上が目的で、フランスの芸術家が世界自然保護基金(WWF)と共同で手がけたキャンペーン。このパンダは世界を巡回する。時事ドットコムなどが報じた。

ソウルにパンダ1600頭?

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

パンダの赤ちゃん