NEWS

タフィ・ローズが独立リーグBC富山に入団 近鉄、巨人で活躍、46歳

2015年05月25日 15時19分 JST

あの伝説の猛打が復活か?--。プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの富山サンダーバーズ は5月25日、近鉄や巨人などで活躍したタフィ・ローズ外野手(46)と選手兼任野手コーチとして契約合意したと発表した。背番号は16。

ローズはアメリカ出身で、大リーグのアストロズ、カブス、レッドソックスを経て1996年に近鉄入団。その後、巨人、オリックスと渡り歩き、2009年まで日本でプレーした。日本では2001年に55本塁打を記録するなど、通算13年で464本塁打を放ち、本塁打王に4度、打点王にも3度輝いた。

現在、チームの監督は近鉄時代のチームメートだった吉岡雄二(43)。ローズは球団のサイトで、次の通りコメントしている。

I'm happy to be back with Japan with yoshioka and the Toyama team. It's been 6 long year. Nippon yukuzo!! Yosha!!

(訳)吉岡と富山のチームと契約でき、6年ぶりに日本に戻れて嬉しい。ニッポンイクゾ!ヨッシャ!

富山サンダーバーズベースボールクラブ|ニュース|タフィ・ローズ契約合意のお知らせ 2015/05/25)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

80年代の巨人軍選手